Q 従来の医療用照明と何が違うのですか?
A ●無影灯との比較
無影灯と異なるのは「光源の場所」です。無影灯は天井や壁に設置されるものや自立式のものがありますが、OPELAⅢは目線に最も近い額の上に光源があります。そのため、OPELAⅢを使えばこれまで術者の頭の影になっていた場所や深部を照らすことができます。
●ヘッドライトとの比較 
従来のヘッドライトと異なるのは「光の質」と「かけ心地」です。OPELAⅢは、高照度、光野の周囲をぼかす、演色性の高いLEDを採用するなど「光の質」を追求しました。また、面で頭にフィットする構造や重心位置を中央に配置するなど「かけ心地」にもこだわりました。
Qどのような場合にOPELAⅢが活用できますか?
A●無影灯の光を頭で遮ってしまい、術野に影がかかることを解決したい場合。
(例:頭頸部外科や小児外科など狭い術野の場合、また心臓外科や各科移植など拡大鏡を使用した細かいオペの場合など)
●今使用しているヘッドライトに対して、明るさ、かけ心地、動きやすさなどに不満をお持ちの場合。
●大型の無影灯を設置することが出来ない病院にてオペを行っている場合。
Q明るさはどのくらいですか?
A中心の照度(明るさ)は、145,000 Lux(照射距離350mm)、96,000 Lux(照射距離500mm)です。
ヘッドライトの照度については照射距離の国際的なルールがなく、各社ヘッドライトのスペックにおける照射距離は統一されていません。
OPELAⅢは、実際の使用時に近い照射距離500mmにおいて従来品よりも明るくなることをポイントに開発されており、96,000 Lux(照射距離500mm)を実現しました。
照射距離500mmで90,000Lux以上を実現できるヘッドライトは他にありません。(弊社調べ)
※光源から、患部までの距離
Qどうして影が少なくなるのですか?
A従来のヘッドライトでは1灯のLEDがほとんどでしたが、OPELAⅢはLEDを3灯使用しており、1灯の場合よりも多角度から光が照射されるため従来よりも影が少なくなります。
(ただし完全な無影ではないため、無影灯と比較すると影ができます。)
Q高照度が実現できたのはなぜですか?
A高照度を実現するためにはLEDのパワーを上げることが不可欠であり、その際に最も重要な課題は熱の処理です。OPELAⅢは、3灯のLEDから発する熱を独自の放熱機構(特許申請済)で処理する技術により高照度を実現しました。
Qバッテリー対応ですか?
Aバッテリー対応です。本体1個に対してバッテリーユニット1個がスタンダードキットとして納品されます。バッテリー1個あたりの連続点灯時間は約3時間(調光80〜100%、満充電時)、充電時間は約2.5〜3時間です。長時間の手術でご使用の際にはバッテリーユニットを追加でご購入ください。コンセントに直接ケーブルを差し込んで本体を使用することはできません。
Qなぜバッテリーにニッケル水素電池を採用しているのですか?
AOPELAⅢでは、安定性・安全性の観点からニッケル水素電池を採用しました。
リチウムイオン電池は小型で長時間使用できるメリットがありますが、発煙や異常発熱の事故が多く報告されており、航空輸送時にも危険品として指定されています。
一方でニッケル水素電池は安定性・安全性が高く、安心して使用でき、どこにでも持ち運び可能です。
弊社では装着者の安全を第一に考え、OPELAⅢを安心してご使用いただけるようにニッケル水素電池を採用しました。
Q保証期間および耐用期間はどの程度ですか?
A保証期間:納品日から1年間です。
耐用期間:標準的な使用で適切な保守・点検を行った場合にご購入日から6年です。
Q購入したい場合はどうすればいいですか?
A現在は、予約販売期間となっております。予約やデモ機の試用をご希望の場合は、OPELAⅢウェブサイトのお問い合わせフォームもしくは以下の連絡先にご連絡ください。
OPELAⅢお問い合わせ窓口:03-5440-6273(平日10時〜17時)
メールアドレス:info@opela3.com